子育て

子どもの帽子のゴムが伸びてビロビロ!交換を楽にする方法は?

帽子のゴムがビロンビロンに伸びる…!

子どもがかぶる帽子のゴムは、何度も使っているうちに伸びてきます。特に幼稚園や保育所でかぶる帽子は使用頻度が高く、その上引っ張っられたり噛まれたり酷い扱いを受けるため、しょっちゅうビロンビロンに…。

伸びたゴムは新しいものに付け替えることになるわけですが、これがなかなか面倒くさいし、子どもがいる状態で針仕事は大変!

「縫い付ける」でなく「結び付ける」という発想

ゴムを縫い付けるには針と糸を出す必要があり、多少の時間がかかります。しかも何度もやるうちに針を刺した後の穴が増え、帽子の生地も傷んでくることに。

その厄介さをなくすのが「縫い付ける」でなく「結び付ける」という方法です。新しいゴムを切って結ぶだけならお手軽です。
結び付ける場所を一度作っておけば、その後は針や糸を使わずにゴム交換ができます。

結び付けループの作り方

「結び付ける場所」のループを作るのは、ゴムでもひもでも何でも構いません。縫いやすく、かぶるときに邪魔にならないよう、平べったい形状のものがおすすめです。

今回私が使ったのはバイアステープ。生地の縁取りに使う手芸品です。

CAPTAIN88 Knit Tape ふちどりニットテープ 巾11mm×2m巻 CP168-28 グレー

無難なのはシンプルな白ですが、色がついたものや柄が入ったもの、レース素材などもあるので、アクセントにしても素敵です。

これをループ状にして縫い付けます。
表にも糸が出るため、糸の色は帽子の表側の色に近いものを使いました。

表側はこんなかんじ。色は少し違いますが、個人的には許容範囲です。

ループにゴムを結び付ける

ゴムを切って結び付けるとこうなります。(もっと上の写真でも既にゴムが付いておりますが…。)
ゴムが伸びたら切って捨て、新しいものを結ぶだけなので簡単です。

このようなゴムを使いました。100円ショップダイソーで買った「帽子あごヒモ」です。

金天馬 抗菌カラー帽子ゴム 6mm 3m ピンク kw92629

シンプルなものでも十分ですが、カラーゴムを選ぶと自分のものが識別しやすそうです。

ボタンを縫い付けて引っかける方法も

ループを作るほかに、ボタンを帽子に縫い付けて、ゴムの端を結んで小さな輪を作って引っかけるという方法もあります。
(ちなみにゴム自体に穴を開けて引っかけると穴が広がって取れてしまうんだとか…。)

お好みの方法をお試しください!

赤白帽なら市販品も

クツワ STAD 赤白帽子 KR001

価格目安:Amazonで税込464円
※在庫状況や価格は2017.8.11時点の情報です。

赤白帽ならループの付いた市販品もあります。
園や学校指定でなくてもよければ買い替えるという手もどうぞ。

関連記事

幼稚園・保育園グッズの「困った」解決に、こちらもどうぞ。

小さい子どものリュックサックに欲しいフロントストラップ(チェストストラップ)。100円ショップダイソーの商品1つだけで、針も糸も使わずに、着脱が簡単な面ファスナー(マジックテープ)タイプのストラップを付ける方法を見つけました!

コメントを残す

*